空羽 障害、ダンベル














































1週間前に空羽が18ヶ月になってたことに気付き、障害を教えられる時期じゃん🎶って。

そぉ思ったら やってみたくてウズウズ、、、

片方の脳では「日曜 試験だぞー!障害は試験が終わってからにしろー!」って ほざいてたけど、試したい!が勝っちゃった。

やり始めると楽しくなり 結局、空羽とは今週障害メインで遊んでしまった。

昨日になって はじめて「何やってるんだろう私?」と気付き 、そんな自分におかしくなって 。

やりたいと思ったことを、やれる時にやっちゃう性格、たまーに優先順位を飛ばしてしまう自分にアイタタタになる。

草抜きだって そぉ。
今はこっちの方が先でしょ!って分かっていても止まらない💧

試験は競技会と違うので、指符や体符を使ってもできればいい。
以前の私だと 試験でも どうせなら「優」の合格書がいいなって思ってたのに、今は試験は通過点だから受かればいいや に変わってる。

3段階の評価が証明書に つくけど血統書には資格しか載らない。
それなら競技会では思いっきり試せないことを試してみようってなれる。
それも楽しい。
ポイント関係なく試せるチャンスが試験、みたいな感じかな。

失敗しても2声符3声符かければいいし。
完璧は求めてない、母ちゃん自身が完璧じゃないから。
失敗したとしても自信満々にやってくれれば気持ちがいい。
やる気さえあれば伸びるから。
今のふたりの段階は技術を優先するより、やる気を育てる方が先。
余計なことは考えない、目の前にいる子達と向き合うのみ。

ん?話しがそれちゃった。

空羽の障害は最初20㎝からスタート。
ここを超える、という意識から。

それから40cmにあげて、ここを飛ぶって楽しいね〜♫の気持ち作り。

気持ちがのって来たらアトエ→指示で飛ぶ→飛んだら振り向く→立ったまま動かない、を教えてみた。

そして その一連の動きを理解したところで50cmにあげてみた。

後ろ足で蹴って飛ぶという意識が少しついたみたい、足が板に当たることなく余裕で飛べてた。
写真に撮って確かめたら膝をしっかり曲げてた。
しっかり曲げないと当たるって理解したんだね。


空羽、やるじゃないかー!!!
と、母ちゃんもノリノリに。
飛んだ後に振り向いて立ったままの空羽。
何度かやっても上出来だったのでヨシヨシ!と、楽しくなって来てポケットのオヤツを全部ばら撒いちゃった。

オヤツの雨に空羽もビックリ!(笑)

おし、決まり。
オフシーズンは障害をやろう。
夏のボールレトリーブは あまりできなくなるからね、違う遊びを見つけられたわ。

タカが試験の用紙をプリントして机に置いててくれた。
それ見て自由選択科目を決めておかないと、と考えた。

美羽は居座、お手おかわり、チンチンにしよっかな。
後は回れか、行進中の作業の招呼しかないしね、暑いからバテないよう動きの少ない科目にしよう。

空羽は・・・と、考えたら思い出した。
そーいえば咥えて歩くができるかも!と。
今朝 試しに咥えて歩く、をしてみるとバッチリだった!
やったことがないのにって思うと嬉しくなった。
でも振り返ると優も幸も凌もゴッくんも、この咥えて歩く、は練習しなくてもできた科目だった事を思い出した。

脚側と持来ができれば難なくできる科目なんだ、と空羽で改めて気付いた。
なんか 私 いろいろ忘れてしまってる。
やって来たことなのに忘れてた。

応用が利く能力をもってる動物ってホント感心する。
ワンコって猿の次に賢い動物かもしれないな〜。

ついでにオビ科目にある置き持来もやってみた。
こっちもバッチリだった。

空羽えりゃーい!とテンションが上がると空羽もテンションが上がった。
自信に満ちた目はキラキライキイキしてた。
好きなんだね〜、ダンベル扱う科目が。

このダンベルは先月 蛍母さんが「使わないダンベルいる?」って。
何でももらいます!の里母は「いいの〜?」って言葉より早くに手が伸びてた(笑)

面白い形のダンベル。
我が家にはない形でチト重くて両サイドの握りがデカイので、必ず真ん中を咥えてしまう構造になってる。

幸も空羽も躊躇なく持来した。
面白い形に抵抗はなかったみたい。
重そうな運び方もしてなかった。
いいもん頂いちゃった!とニンマリする母ちゃんなのでした。

蛍母さん ありがとうございまっふ〜😊
やっぱり返してーは、嫌だからね〜(笑)
明日の試験はこれでチャレンジしてみまーす。


持って行くって意識が入ってると、鉄物でも陶器でも躊躇なく持ってくる。
普段から器を運んでるので抵抗がないのかもね。

できる選択科目が増えると、暇つぶしで遊べる事が増えるので、雨の日に使える。
特に梅雨や真夏は室内でもできる事があれば、気晴らしになるからストレス発散になる。

そのために梅雨が来るのを見越して、部屋中にジョイントマットを敷き詰めた。
どの部屋でも母ちゃんと遊べるようにってね。
いろいろ遊びに連れて行ってあげられないぶん、考えてあげないとね。

美羽は ひとつづつ丁寧にやって行かないと身にならないタイプ。
混乱させると自信がつかなくなるし、楽しめなくなるので同じこと繰り返してやってる事が多い。
飽きずに意欲が続く、本犬も楽しんでるので、たぶん美羽には このやり方とペースが向いてるのだろう。

空羽はマイペースで気分屋なところがあるので、テンションあげるためには新しい刺激がある方がイキイキしてくれる。
コマンドの理解は早いので、サクッとやって1番良い時にサクッとやめてる。
意欲があるうちにやめる方が次の動きに継続するから。

おし、明日の試験は色んな意味のワクワクがあるけど楽しんでこよっと^ ^


関連記事