こりゃ!







隆ちん迎えて今日で1週間。
3日前から躾はじめて「こりゃ!」が通じるようになった(^.^)
ズボンの裾を噛んで引っ張り「こりゃ!」
家中のコード、タオル、敷物、ベット、テーブルを噛んで「こりゃ!」
家の中には 「こりゃ」要素になるものが沢山。
そのかわり噛んで良い物は 隆ちんがいるまわりに沢山投げてる。
とにかく噛みたい年頃なのでね。
何が噛んでOKで、何がNGかを学んでもらうため。
空がね、隆ちんがベット噛んでる時に一喝したの。
びっくりしたー!
シーンとしてる時だったから本当にびっくりした。
今のところ室内マナーの躾は空が4回ほど怒ってくれた。
なんか優コリンを見てるみたい。
空にそういう面があったとは、驚きだった。
ちなみに私は今のところ3回叱ってる。
コード2回と家具1回。
この月齢で この回数は立派だと思う。
他に遊び相手の先輩達もいるし、おもちゃや鹿角も散乱してるからイタズラを覚える隙がないのだろう。
ちなみに隆ちん部屋には噛んで困るものは置いてない。
フリーの部屋とは違う。
私が躾するようになった翌日、幸たんが1回叱った。
たぶん、私が躾を始めたので幸も「いいんだ」と、思ったのだと思う。
噛んだわけじゃないから無傷なんだけど、隆のその泣きようが凄く、大声で泣き喚きながら部屋の奥へと走って行ったの。
どんだけ凄い傷なのか!?って思うほどの泣きようだった。
実際は耳の毛が幸たんのヨダレで少し濡れてただけ。
隆ちんは大げさな子だと思ってたが、それ以上のオーバーリアクションだった(笑)
それなのに後はケロっとしてて、その後も幸たんを怖がって近付かないとかは全くなかった。
根っから明るい性格なのか?
それとも心の切り替えが早い、超がつく単純な子なのか?
あれだけ大騒ぎしたから、しばらく幸には近付けないのかなーとも想像したのに。
その後、幸たんの手手をツンツンしたりとかはあったが、尻尾を噛んで引っ張ったり、ヘコヘコしたり、寝てるところ体を踏んでズカズカ渡ったりが一切なくなった。
鹿角も狙わなくなり、顔色を見れるようになった。
スゲェ~。
幸たんの たった1度の叱りの効果には敵わないと思った。
幼い隆がちゃんと理解してる。
隆はマイペースで のろまちゃんな面があり、ナヨナヨしてて まだ赤ちゃん赤ちゃんしてたから、迎えても直ぐには躾をしなかった。
ただただ可愛がるのみで、慣れてきて躾をはじめたんだけど、きっと幸に言わせてみれば「母ちゃん甘い!」と思ってたんだろうな。
犬の世界は人間が想像する何倍も厳しくてクールで明確だ。
その後、大変だったというか私が気を遣ったのは隆ではなく、幸に だった。
隆がヒャンヒャン泣き喚いた時に思わず「幸!何した!?」と大きな声で怒鳴ったから。
トイレ掃除してて ふたりが見えなかったし、幸と隆だけ同じスペースにいたから。
無言で隆の後を追って足を捻ってないか、どこか怪我してないかをテェック。
その間、幸は私の目に釘付けで挙動不審な態度になってた。
この時の無言の対応が幸を不安にさせたのか?
「やべ、母ちゃん怒ってる?」と。
しばし私の心を探ろうとする幸の行動に「大丈夫よ、全然気にしてないから」と、何度も言ったものの「ほんまに?ほんまに?」と疑って、ご機嫌とりをしてた。
しまいには私の機嫌が良くなるようにと、普段ではしないような積極的なアピールまでしてきた。
全然怒ってないのに。
なんか、幸に悪いことしたなーって。
そんなに気を遣わなくていいのにと。
お陰で この日は寝るまで ずっと幸に一番気を遣い、グリグリ好き好き攻撃を増やし、特別な日にしかあげないはずのガムまであげた。
幸、私の心に敏感すぎないか。
やはり隆は巣立つ子じゃないと、どこかでそぅ感じてるのかも知れない。
幸どっしり図太そうに見える時もあるけど、私が怒ることが凄く嫌いらしい。
いゃ怒ることというか、怒鳴られながら怒られる方がマシだと思ってるタイプ。
それより無言の方が怖いらしい、自分が嫌われたんじゃないかという不安に駆られるらしい。
健気すぎる、こっちが申し訳ないという気持ちに陥ってしまう。
そんな幸が愛おしくて たまらない。
ごめんね、次から次へと若い子達が増える環境は、母ちゃん一筋の幸にとっては気が気じゃないのかも知れないね。
幸を頼りにしてるのが本犬は分かってるから、私には一切ワガママは言わない。
じっと耐えたり、主張することも我慢したりしている場面がある。
分かってる。
母ちゃんはちゃんと幸を見てるから。
幸への想いは一切揺るがない自信がある。
それを伝えたいので新しい子を迎えた時期は、先住犬へのスキンシップは欠かせない。
ちゃんと繋がってる、愛されてるって分かると不安は直ぐに消えるから。
家族の一員として幸が隆を守る日も必ず来ると信じてる。
隆が幸を慕う日も そんな遠くないはずだ。
新しい子を迎えて みんなが家族としての意識が芽生えるまで、今の時期が1番大切なので母ちゃんは冷静にみんなを観察しなくちゃね。
失敗してもいい、やり直せばいいんだから。
気楽に行こって、そのくらいのスタンスが育犬には丁度いい。
関連記事